ものべの - 夏葉
ハッピーエンドはネバーエンド: 今更ですが『ウォーキング・デッド』&『ゲーム・オブ・スローンズ』等、海外ドラマが面白い!
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>その他

今更ですが『ウォーキング・デッド』&『ゲーム・オブ・スローンズ』等、海外ドラマが面白い!

前回最後に少し触れていましたが、最近海外ドラマの面白さに嵌りかけ・・・というかむしろ嵌ってしまっているかもしれない今日この頃です。

ちょっと前までは第一次世界大戦前後頃のイギリスの貴族達を描いたぶっちゃけメロドラマの『ダウントン・アビー』を観てたんですが、これがまた日本のメロドラマとは次元が違う出来でかなり面白く毎回楽しみに観ていました。

とはいえ一旦ダウントン・アビーが終わった後は特に他の海外ドラマは観てなかったし、のめり込むと言うほどではなかったのですが、最近第一シーズンから放送するというタイミングの良さもあって更に二つの海外ドラマを最近観始めて・・・ここで思い切り嵌ってしまったわけです!

まずは『ウォーキング・デッド』

これはアメリカのドラマで要するにゾンビが大量発生し荒廃しきってしまった世界を舞台に、そこで生き抜こうとする人々を描いた作品です。
これだけ言うとかなりチープに聞こえるかもしれませんが、とんでもない!下手なゾンビ映画では太刀打ち出来ないほどに作りこまれた世界観やキャラクター、物語や当然ゾンビのリアルさおぞましさ、そして悲しさをこれでもかと感じる作品なのです!!

正直最初は第一シーズン一挙放送をしていたので軽い気持ちで録画していて、仕事から夜帰って寝る前に「一話ちょっとだけ観てみるか」位の気持ちで観てみたんですが(この時点で23時位)・・・気づいたら明け方の5時過ぎになっていました(笑)

いや思った以上に面白くて観るのを止められず、結局第一シーズン全6話一気観していました(汗)
いやぁ~かつて『24』とか流行っていた頃よく「面白すぎて一気観した」みたいな話を聴いて「まさかそこまではwww」とか思っていたものですが、ハッキリ納得&自分が間違ってました!
元々洋画全般は完全に趣味と言って良いレベルにジャンル問わず日ごろから観まくっているのですが、だからこそドラマは侮っていた所がありました。

しかし日本のドラマ等と違い、海外ドラマ(無論全部が全部ではないでしょうが)はそのスケールが段違いなのです。

ハッキリ言ってこの後紹介するつもりの『ゲーム・オブ・スローンズ』なんかは一話一話がそれこそ映画レベルの出来映えであり、そのレベルの内容が6~10話位つまり6~10時間分で展開するわけで、下手すれば映画のように上映時間が決まってしまっている媒体よりも深く内容を掘り下げる事で出来る分、のめり込む様な魅力と面白さがあるんですよね。

って話が逸れましたが(汗)『ウォーキング・デッド』に関しては最新3シーズンについてや運が良ければ第一シーズンからFOXチャンネル等で観るか、DVD&BDもシーズン2まで日本でもリリースしているので是非一度観てみてください。

他のゾンビものでは感じられない新鮮な面白さにきっと嵌る事請け合いですから!!ちなみに一応主人公になるのかな?元警官のリック役のアンドリュー・リンカーンは映画『ラブ・アクチュアリー』にも出演していたバリバリのイギリス人俳優なのですが、その知的な雰囲気が役に嵌ってとても良い感じです。
まさか降板とかしないと思いますが制作側が「初期メンバー全員死んでもシリーズは続けられる」とか不吉な事言っているのでまさかとは思いつつも不安が(汗)・・・まぁ流石に無いと言われてますがwww


さて次にダークファンタジーの傑作ドラマ

『ゲーム・オブ・スローンズ(スローン=Throneは「玉座」等の意)』です。

これはもう好みど真ん中でした!!

元々映画が好きで特にその中でもアメリカ初の黒人だけの部隊を描いた『グローリー』やメル・ギブソンの『ブレイブ・ハート』等に代表される所謂『歴史物』や『戦記物』に分類される作品が大好きで勿論『ロード・オブ・ザ・リング』等も大好きなのですが、やや『ロード・オブ・ザ・リング』が子供っぽい所があるのに対し『ゲーム・オブ・スローンズ』に関してはハッキリ言って『子供はお断り!』な要素をしっかりと描く正にダークファンタジー作品となっています。

元々中世イギリスや薔薇戦争をモチーフにした架空戦記小説、ジョージ・R・R・マーティン著の『氷と炎の歌』を映像化した本作、国々が群雄割拠する中で実際に武力で戦う以上に激しくそして怪しく渦巻く策謀&謀略、正に残酷なエピソードに事加かない薔薇戦争をモチーフしたと言うに嘘は無しな骨太な物語が展開されます。

衣装や建物、撮影場所も相当気合が入っており、一体どれだけの制作費を注ぎ込んで制作されているのか気になるほどです。

そしてこの骨太な戦記をしっかりと支える俳優の名優揃いな顔ぶれ!第1シーズン『七王国の玉座』のあえて言うなら主人公?になるだろうウィンターフェル公であり北部総督のエダード・スターク役をなんと『炎の英雄 シャープ』等で知られるイギリスの若き(そろそろ良い年ですが)

名優中の名優ショーン・マーク・ビーン!!!

今回はまがりなりにも王に匹敵する立場の人間の役柄なのですが、また独特の威厳を醸し出しており、こういう役もやっぱり出来るんだと感心しきりでした。
その他にもピーター・ディンクレイジ等お世辞抜きに個性派の役者陣で固められています。

ただ、かなり面白い戦記モノな本作ですがまだ本国でも放送開始からあまり時間が経っていないようで、日本ではDVD等がでていません。

現在はCSやBSで観れるのスターチャンネルで放送中です。ちなみに今ならまだ間に合います!

日本語吹替え版で良いなら4月7日朝7時50分から第一シーズン一挙放送があるようです。

また4月1日より毎日27時(つまり朝5時かな?)から2話ずつ字幕版も放送予定となっています。

好みで良いとは勿論思いますが、出来る事ならただでさえ名優揃いな本作、是非オリジナルの英語を楽しむ為にも字幕版で鑑賞する事を個人的にはおススメします。


さて今回も色々書いている割に大した事を書いていないような微妙な内容ですが、少しでも今回紹介した作品が気になられた方は是非タイトルで検索してみてください。
公式サイトやWiki等みればきっと観て観たくなる事請け合いですので!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://happymonogatarikyou2.blog20.fc2.com/tb.php/78-c264d77d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

ASa Project 『ひとつ飛ばし恋愛』 応援バナー企画
【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!
「恋咲く都に愛の約束を ~Annaffiare~」情報公開中!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。