ものべの - 夏葉
ハッピーエンドはネバーエンド: 零の軌跡について
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ゲーム(さ)

零の軌跡について

という訳で『英雄伝説 零の軌跡』についてです。極力ネタバレしたくないので抽象的で判りにくい内容になっているかと思いますが、どれだけ自分が熱意を持っておススメしているかは記事のクドさからご理解頂けるのではないかとww

ぶっちゃけ発売前から凄まじく期待していたのですが、予想を超えたとは言わないまでも予想通りの面白さでした!

軌跡シリーズならではの人と人の繋がりを感じさせる、ストーリーRPGの金字塔の名に恥じない作品といえまます。相変わらずストーリーが進むごとに街の人々の会話等が刻一刻と変化する為尚更世界観に入り込めるんですよね。そしてそうした街の人々との細かい会話が本筋のストーリーに絡み合って一つの『軌跡シリーズ』としての物語になるわけです。

これ一本でも十分楽しめるというのは嘘ではないでしょう。しかし正しくも無いと思います。何故ならあくまでこの作品は『軌跡シリーズ』という壮大な世界観の物語の一部だからです。
実際に前作までの主人公だったエステルやヨシュアは序盤から出て来ますし『結社《身食らう蛇》』の『執行者』の一人《殲滅天使》レンも出てきます。その他のキャラクター達も意外な形で実際に出てきたり名前や過去の事件に関わりがある人物として名前だけでてきたりします。

前作までをやっていないとよく判らない事件やネタ、更に今作の肝となる部分もあるので(今作で回収される前作から残っていた伏線等もある)ぶっちゃけ前作やってて初めて100%以上に楽しめると思います。

今作の主人公達は警察の人間という事もあって、少し物語もハードボイルド(少し誇張あり)な雰囲気があり相変わらず魅力的なキャラクター達に彩られとても楽しめるはずです。
ライトノベルの神曲奏界ポリフォニカ ブラックシリーズをご存知の方がいれば作品の雰囲気だけなら想像しやすいかと思います。

ちなみに今作は好感度が少しだけストーリーに関係しそれによって終盤恋愛イベントや友情イベントが三人の主要メンバーの間で起こります(まぁオマケ程度ですが)。

さて感想にもなっていないような感想ですが、纏めます。
ハッキリ言って前作からやるのを前提としてならば絶対に『買い』の作品です。骨太のストーリーのRPGをやりたい方(戦闘なんかも結構楽しい)なんんかには是非に是非に絶対にやってみて頂きたいとさえ言えます。
一作一作での登場人物や事件などの糸がどんどん伸びていって絡み合っています。最終的にはどれほどの壮大なものになるか想像が出来ない程です。『軌跡』シリーズにはそれだけの魅力と底知れなさがあります。

是非迷っている方、興味が少しでもある方は前作含め騙されたと思って(ホントに騙されたと思われた場合はすみません・・・多分無いと思いますが)やってみて下さい!!
アマゾン等で攻略本含め中古で1万ちょいするかしないかで揃えられますので是非!
※ソラの軌跡シリーズは基本攻略本等無いと100%楽しむのは難しいです。次作への引継ぎもありますのでネットで攻略が見れない方は攻略本も併せて買われる事をおススメします・・・といってもこの記事読まれている時点でネット環境ありますよねww

・・・エステルがシリーズ通して最強親父であろう『剣聖』カシウス・ブライトの『奥義 鳳凰烈波』を使えるようになっていたのには燃えた!!
前作3rd戦った後修練を積んで習得したんですかね?ww
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://happymonogatarikyou2.blog20.fc2.com/tb.php/40-79aeb57a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

ASa Project 『ひとつ飛ばし恋愛』 応援バナー企画
【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!
「恋咲く都に愛の約束を ~Annaffiare~」情報公開中!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。