ものべの - 夏葉
ハッピーエンドはネバーエンド: 2011年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Silver Bullet Automatic新作『Master×Re:master』&『シキガミ』感想

というわけでSilver Bullet系(正確にはSilver Bullet Automatic)の新作『Master×Re:master』が10月末に発売されます!

いやぁ以前から言ってるんですが私はSilver Bullet系の作品の大ファンでして新作も待ちに待っていたんですが、今回は新作出るまでの期間が結構早い気がします。
比較的早く期待の新作をプレイ出来るのは嬉しいのですが、制作期間が短いような気がするのでそれによってクォリティが低下することがない事は祈りたい所。


とはいえ今回の新作『Master×Re:master』には物凄く期待しています。

というのもSilver Bullet Automaticの前作『Sacred†Vampire-セイクリッドヴァンパイア-』なんですが十分楽しめたしヒロインも小春や姉さんなんか最高でしたが、一部除き期待していた程のバトル要素が無かったんですよね~。

発売前のQ&Aでもバトル要素はあまり無い的なコメントがあったので判ってはいたんですが、実際にプレイしているとやっぱ主人公とかの設定見るに、恋愛だけではなくもっと積極的にバトル要素(中二病的なww)も取り入れていればより面白かったんじゃないかと惜しさを感じてしまっていたのも事実なのですよね(━_━)ゝ


そこを考えれば今作『Master×Re:master』は前作『Sacred†Vampire』の雰囲気を残しつつ、そこに物足りなく思っていたバトル要素(魔法バトル系?)が大幅に加わり・・・ぶっちゃけもう堪りません!!

こいつは絶対面白いでしょ!?

しかもヒロイン勢がまた相変わらず良さそうなヒロインばっかり!個人的には『園部 伊織』や『真行寺 冴香』が今の所特に気になってますね~。
悪魔召還伝奇バトルADV Master×Re:master 2011年10月28日予定悪魔召還伝奇バトルADV Master×Re:master 2011年10月28日予定

ただSilver Bullet系の作品は実際にプレイしてみると、意外なキャラとかが一気に株を上げてくる事があるので気が抜けません( ̄ー ̄)


『萌え』だけじゃない、『燃え』って大事ですよね!ただの恋愛ゲームより個人的にははるかに楽しめますし(燃え要素とははなにもバトルに限った事ではないですし)ヒロインも良さそうだしで今から発売が待ちどうしい限りです。

まぁとりあえず今は、主人公がどんなキャラかも少し詳しく早く知りたいでっす!




※ここから『シキガミ』ネタバレ含む為注意※




あっあとこれも言っておかないと

実はプッシュしまくっていた『シキガミ』プレイ終わったんですが・・・最高でした!

なんと以前の記事で書いていた体験版で修正して欲しかった拠点周りのシステムとかが製品版ではキチンと改修されていたんですよね。もしかして体験版レビューキャンペーンにも参加していたので、記事もキチンと読んでもらえていたのでしょうか?
それとも最初から実装するつもりだったのかは判りませんが、前回書いていた不満点の殆どを解決してくれていた事は素直に嬉しかったですね!

ストーリー展開に関しては個人差あるだろうし、少しだけ不満もあるにはあるのですが(固有ルートに入ってからが短い、従ってイチャイチャが少ない、固有までのバトルが周回だとメンドイ、その割に能力引継ぎとかが無い等)総合的に見て十分すぎる程に楽しめましたし、SLGパート、ストーリー展開、ヒロインと物凄く満足な感じでした。

特にヒロイン!!清明のデレには本気で萌え死ぬかと思った(汗)

なに?あのデレっぷり!?それまでの悪逆非道を忘れそうになるほどの破壊力でしたよ!?
流石は九尾の狐の娘だったということでしょうか(笑)
ただ正に清明こそ特にルート入ってからが短すぎた(オリジナル清明とレプリカ一体化後のエロシーンも事後のCGだけで無かったし)。もう少しはイチャイチャが見たかったですね。

そして・・・大・本・命 の朱・!!

無論、無論の事最高!最高でした!!いやもう体験版の時から判っていましたし、プレイ序盤からもいよいよ本気で好きになっていましたがエピローグの朱・の可愛さといったらもう!!

堪りませんでした!!!

でも終盤のイバラキの格好良さも異常でしたね。正に弁慶の立ち往生、まさかあんな展開になるとは正直思っていなかった。
最初に道長ルートクリアしてたせいもあるし体験版の時ギャク強め結構スチャラカ戦争なイメージを持っていたせいか、あそこまでシリアスに持っていくとは思わなかった。
ていうか道長(は清明が不憫か?)や清明以外の2人のルートの場合結構終盤キツイ展開あるし、本編途中も所々結構シリアスな場面ありましたし(アテルイも意外だった)結局全体的に見ると良い塩梅な比率での萌え&燃え&ギャグでしたね。

話が逸れましたが朱・ルート終盤辺前述のイバラキの事があった辺りでの悲しみに暮れ弱った朱・にも不謹慎ながらかなりやられました(そこでの主人公とのやり取りも良かった)。

まぁ色々言っていますが結局一番言いたい事は

朱・はやっぱり最高だった!!!

という事ですねwww

最後に、やっぱり朱・にしろ清明にしろ他のヒロイン(攻略不可だけど気に入っていた智徳法師とかも含めて)イチャラブが少し物足りなかったように感じるので是非FDの製作を期待したいところです!
スポンサーサイト

ASa Project 『ひとつ飛ばし恋愛』 応援バナー企画
【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!
「恋咲く都に愛の約束を ~Annaffiare~」情報公開中!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。