ものべの - 夏葉
ハッピーエンドはネバーエンド: 2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MF文庫J「IS 〈インフィニット・ストラトス〉」

今回は前々から注目しており、二巻でいよいよ面白くなってきたMF文庫Jから出ている「IS 〈インフィニット・ストラトス〉」についてです。まずは公式紹介の引用から↓
《あらすじ》女性にしか反応しない兵器「インフィニット・ストラトス」(IS)の操縦者を育成するための学校・IS学園。そこでは世界各国から集められた少女たちが候補生としての勉強に日々励んでいる――はずなのだが、男なのになぜかISを起動させることができた織斑一夏は、この学校に強制入学させられてしまう。当然、彼の周囲には女の子ばかり。「世界で唯一ISを使える男」である一夏に、彼女たちは興味津々! 幼なじみの篠ノ之箒をはじめとしたクラスメイト(少女限定)に囲まれた、一夏の波瀾万丈のスクールライフが始まる!? 期待の新鋭が贈る、学園疾走アクションラブコメディ!


登場人物紹介:織斑一夏・主人公。前述の通り、ひょんなことから本来女性にしか反応しないはずの兵器「インフィニット・ストラトス」(IS)を動かしてしまった事により、女性ばかりのIS学園に入学する。幼い頃幼馴染の篠ノ之箒の道場で剣道を嗜んでおり、暫く離れていたため衰えてはいるが潜在的な強さは相当なものな様子。(IS)の存在により進んだ女尊男卑な社会に納得出来ないものを感じており、故さえあれば礼と義を尽くすが、この社会においては珍しく無条件に女性に媚びるような真似はしない気骨を持つ。またかつて(IS)の世界大会で優勝した程の腕前を誇った姉を持つ(ちなみに両親は居らず、忙しい姉の代わりに家事をしていた為、一夏は家事万能)。
ちなみに、姉にさえ「~あれは未熟者のくせにどうしてか、妙に女を刺激するのだ。油断していると惚れてしまうぞ?」などと言われている程に出会った女性を惹きつけ、再会したファースト幼馴染篠ノ之箒を筆頭に手当たり次第かと呆れそうになる程の女性達に好意を寄せられているのにそれにまったく気づかない超鈍感男でもある。補足として「誰かを守る事」に強い憧れとその為に自分が為すべき事への決意のようなものを持つ。

使用(IS):専用機・『白式(びゃくしき)』徹底した近接格闘戦機であり、兵装はかつて姉が使用していた《雪片》の後継・近接特化ブレード《雪片弐型(ゆきひらにのかた)》のみ。ただし特殊能力としては主人公が会得した『瞬間加速(イグニッション・ブースト)』の他に、本来第一形態((IS)は戦っていくことで第三形態まで進化する)では発現出来ないはずの唯一仕様・アビリティー(必殺技のようなもの)として、自らのライフを削りエネルギー性質のものであればそれがなんであれ無効化・消滅させる一閃を放つ『零落白夜』を持つ。


篠ノ之箒・一夏のファースト幼馴染。家は剣道道場をやっており本人も相当な腕前。普段からかなり硬い喋り方(女侍のような)や所作が目立つ為勘違いされがちだが、中身は普通に年頃の乙女である。
一夏とはある時離れ離れになり、それっきりであったが彼が(IS)学園に入学してきた事で再会することになる。中々素直になれずツンツンしがちだが、願掛けで髪型(ポニーテール)を変えずにいたりと幼い頃よりずっと一夏の事が好きであり内心は結構デレデレ。実は現在行方をくらませている姉が(IS)の開発者である。

使用(IS):量産機・『打ち鉄(うちがね)』後に(恐らく三巻から)「白と並び立つもの」専用機・『紅椿』あとは不明だが恐らく『白式』と同じく近接格闘特化型の性能。


セシリア・オルコット・(IS)のイギリス代表候補生であり一夏や箒のクラスメイト。イギリスの名門貴族のお嬢様であり女尊男卑社会に毒されていた為当初は一夏にも高圧的かつ蔑視した態度をとりつっかかっていたが、一夏と一戦交えたのを機に一夏の中に「理想の男」を見出し好意を抱くようになる(態度が豹変し何かと一夏の世話を焼こうとするようになる)。
ちなみに彼女が女尊男卑に毒されたのはこういった社会になっていくに従って、元より弱い立場であった父が事業者でもあった母に対しどんどん卑屈になる姿を見て憤りを覚えていた為で(両親は既に事故で他界)、一夏に惚れたのも彼が自分の父とは違い「強く誇り高い理想の男」を感じさせた為。

使用(IS):専用機・『ブルー・ティアーズ』中距離射撃型であり、兵装としては六十七口径特殊レーザーライフル《スターライトmkⅢ》、近接戦闘用ショートブレード《インターセプター》、特殊装備として機体の名称の本ともなったフィン状のビット(自立機動兵器)《ブルー・ティアーズ》
射撃能力が高いセシリアにぴったりな機体であり《ブルー・ティアーズ》はレーザーのほか弾道弾も発射出来る。ちなみに専用機は例え代表候補生といえど誰でも持てるものではなく、実力を顕す一種のステータスでもある。


凰鈴音(ファン・リンイン)・一夏のセカンド幼馴染であり中国代表候補生。箒が小学四年で引っ越していった後5年の時に一夏の居る学校に転校してきて、以後一年ちょっと前の中学二年まで(鈴音が両親の離婚で国に帰った)の時間を共にしており中華料理屋を父親が営んでいた関係もあって一夏は彼女の家によく食事しに行っていた。
やはり一夏に惚れており、一夏が勘違いしていて気づいていないが、かつて結婚の約束をした事もあり本人は大切にしていた。基本的にサバサバとした性格をしているが素直ではなく、やはり一夏にはツンツンしがちであるが、これまたやはり内心はかなりデレデレである。

使用(IS):専用機・『甲龍(シェンロン)』パワータイプの近接格闘型であり、兵装としては異形の青竜刀《双天牙月》、特殊兵装として第三世代型空間圧作用兵器・衝撃砲《龍砲》
高速回転させながら変幻自在斬撃を加える《双天牙月》、そして砲弾どころか砲身さえも見えない衝撃砲《龍砲》による苛烈な攻撃を鈴音の高い能力が可能にする。


シャルル(シャルロット)・デュノア・フランス代表候補生であり一夏達のクラスに転入してきた二人の転入生の一人。本来女性にしか反応しない(IS)を操れる、一夏の他にも存在していた男性パイロット・・・という触れ込みだが実は女性。やや中性的な顔立ちで立ち居振る舞いも正に『貴公子』といった感じではあるが、本当の彼女は優しさに溢れた普通の女性。彼女の実家デュノア家は量産機ISのシェア世界第三位を誇るデュノア社なのだが、とある理由から経営危機に陥っており、状況を打開すべく、注目を浴びるための広告塔、そして同じ男同士として特異ケースである一夏に近づけさせ『白式』のデータを盗ませる為に男装させられ送り込まれていた。
また彼女は父である社長の愛人の娘であり、父も彼女を道具として扱っている節がある為シャルル自身も積極的に従っているわけではない。当初男同士という事で一夏と部屋も同室となり、訓練や私生活を通して友情を深めていたが、ある時一夏に正体がばれてしまい全てを話した際に励まされた事等により、一夏に女性として惹かれるようになり、後にデュノア社と決別、改めて女性のシャルロット・デュノアとして転入しなおす事となる。

使用(IS):専用機・『ラファール・リヴァイブ・カスタムⅡ』デュノア社が第二世代開発最後期の機体でありながら初期第三世代型にも劣らないスペックを持つ『ラファール・リヴァイブ』の特徴である多様性役割切り替え(マルチロール・チェンジ)による格闘・射撃・防御への汎用性を活かしつつ、拡張領域(追加武装を装備させる領域のようなもの)を通常の倍にするなどシャルル専用にカスタムされた機体。兵装は拡張領域の拡張により二十以上あり、いくつかあげるなら五十五口径アサルトライフル《ヴェント》、六十一口径アサルトカノン《ガルム》、六十二口径連装ショットガン《レイン・オブ・サタディ》、近接ブレード《ブレッド・スライサー》、大型盾とその中にかくされている第二世代型最強の攻撃力を誇る通称『盾殺し(シールド・ピアース)』・六十九口径パイルバンカー《灰色の鱗殻(グレー・スケール)》等がある。これら普通ならば困難な多種多様な武装の選択や切り替え・照準などが『高速切替(ラビット・スイッチ)』と呼ばれる特殊技能にてシャルルは瞬時に行え、多様性役割切り替え型の機体性能を最大限引き出しあらゆる状況に応じたオールマイティーな戦闘を可能としている。


ラウラ・ボーデヴィッヒ・ドイツ代表候補生であり一夏のクラスにシャルルと共に転入してきたもう一人の転入生。15歳という年齢ながら元はドイツ軍の実験部隊所属の軍人であり、かつて一夏の姉千冬がドイツ軍に出向し教官をしていた際、教えを受けていた事もある。
彼女は所謂試験管ベイビーであり遺伝子強化試験体として、つまり戦う道具として生み出された。この為ありとあらゆる兵器の操縦方法や戦略、戦い方等を体得させられていったが、ある時ISに関るとある処置の失敗により『出来損ない』の烙印を押され、存在の意味を見失いどこまでも落ちていく事になったのだがそんな時千冬と出会い、師事した結果再び部隊最強の座に上り詰めた経緯があるため、自分にとっての光である千冬を心から尊敬している。千冬の弟である一夏の事は千冬から聞いて以前から知っていたが、様々な理由から自分の光を汚す存在として憎しみすら抱いており最初は半ば本気で殺そうとさえしていた。また極端な力の信望者でもあったが一夏との戦いに敗れ『本当の強さ』を知り、同時に戦闘中精神世界での会話と最後に一夏から言われた言葉にやられ、彼に惚れてしまう。ちなみに全ヒロイン中本編最初に一夏にキスした女性となる。

使用(IS):専用機・『シュヴァルツェア・レーゲン(黒い雨)』第三世代型のISで兵装としてAIC=第三世代型兵器《アクティブ・イナーシャル・キャンセラー(言うなれば慣性停止能力)》、大型のレール砲(カノン)、ワイヤーブレード。
AICは任意の相手の動きを見えない力でほぼ完全に封じてしまえる性能を持ち弱点はあるものの、ラウラ自身の卓越した技能(『瞬間加速(イグニッション・ブースト)』も使える)と合わさり脅威的な強さを発揮する(セシリアと鈴音の二人を圧倒した)。


織斑千冬・一夏の姉であり一夏達のクラスの担任。両親に姉弟揃って捨てられたにも関らず努力を重ね、弟を守ってきた苦労人。クールで公私にわたり自他共に厳しい女性で、弟である一夏にも表面上は厳しく接するがそれは期待などの裏返しである事も多いようで内心はとても大切に思っている様子。
開発者である箒の姉とも古い付き合いでだったのもあり最初期からISに関っていた人物で世界的にも正にトップクラスのパイロットでもあったが、ある事件を境にした辺りで突如現役からは引退、暫くドイツに渡って軍のパイロット指導にあたった後、IS学園に教師として赴任した。

使用(IS):専用機・初代『ブリュンヒルデ』徹底した近接格闘戦機。み兵装は近接特化ブレード《雪片(ゆきひら)》のみと思われるが詳細は不明。ちなみに特殊技能『瞬間加速(イグニッション・ブースト)』
は元々千冬の持ち技だった模様。

山田真耶・一夏達のクラスの副担任。ちょっと(かなり?)ドジな所のあるが眼鏡が似合う優しい先生。ただしISの操縦技術は確かなものであり、かつては代表候補生でもあった。千冬に心酔しているようで、この為その弟である一夏に対してもかなり好意的である(仮に迫られたら受け入れそうな位)。ちなみに巨乳。

使用(IS):量産機・『ラファール・リヴァイブ』兵装は五十一口径アサルトライフル《レッドバレット》現在訓練時のみの登場の為詳細は不明。

五反田弾・一夏の中学時代からの友人。鈴音と共に揃って三年間同じクラスで過ごし、よくつるんでいた悪友でもある。性格は「明るいバカ」といった感じ。一夏とは違い一般の学校に通っている様子。頑固一徹な祖父が食堂を営んでおり、蘭という妹がいる。

五反田蘭・弾の一つ下の妹で中学三年。兄とは違い有名私立女子校に通っている優等生であり生徒会長なども務めている。どうやら一夏に惚れているらしく、普段はサバサバした感じだが一夏の前では途端にしおらしくなり、一夏に対しては何故か敬語になる。鈴音とも面識があるが、お互い誰が好きかは判っていたらしくお互いあまり良い感情は持っていない様子である。
一夏が家に突然遊びに来ていた際、鈴音と再会していただけでなく「例の」ファースト幼馴染箒と再会し一時期とはいえ同室だったというような事を聞き、焦りを覚え決意し翌年度のIS学園へ入学する事をを宣言する(ちなみに筆記成績は余裕、IS簡易適性試験の結果はAである)。
最後に兄との力関係は兄〈〈〈妹(笑)


(IS)について・正式名称『インフィニット・ストラトス』。元は宇宙空間での活動を想定して作られたマルチフォーム・スーツであったが『制作者』の意図を裏切り宇宙進出が一向に進まず、結局この持て余したスペックの行き着いた先として『兵器』となり、その後各国の思惑から『スポーツ』にと落ち着いた―所謂、飛行パワードスーツ。現在『制作者』が行方をくらましており(IS)のコア作成についての技術を彼女以外に解明出来ていない為(IS)の絶対数は決まっている。この為、専用機を持つ者は特別視されることが多い。また理由は判然としないが女性にしか反応しない為、抑止力の要が(IS)に移っていく現在の社会において女尊男卑の風潮を生み出す事となる。



いやぁ長々と書いてきましたが、この作品は本当におススメです!ラブコメ6・バトル4位の割合なのでどちらかが好きかバランス重視型の方には割とクリティカルな感じだと思います。(IS)の戦闘に関しては、ようはガン○ムSE○Dとかのミーティアを生身の人間用にしたやつを装備して戦いあうと考えてもらえれば当たらずとも遠からずな感じかと。ちなみに作者さんは元アリスソフトの方だそうな。
いやまぁでもそんな事はどうでも良いのかもしれません・・・。私的にはこの作品読んでまずツッコミたくなるのは何を置いても「どんだけ主人公モテてんの!(しかもそれに気づいていないとか)」という事ですよ!!!・・・いやラノベ的には素晴らしいですがね?(笑)
それにしても二巻に至っては更に各国の美少女三人追加で凄い事になってますからねぇ(しかも全ヒロインのツンデレ率高し)果たして一夏君どこまで突っ走るのか!?・・・まさかもう流石にふえないよね?とか思いつつも、同時に期待しながら三巻を楽しみにしています(^^)
もはや色々言いません。少しでも興味あったら悪い事は言いません!「迷ったら買え!」がこの道ですよ(笑)一度読んでみてください!

補足・じわじわと人気伸ばしているせいか、一巻の時と同じかそれ以上の品薄状態になっているようです(少なくとも福岡都心とかは壊滅状態)。お気をつけ下さい(メイトとかでなく一般の書店ならある可能性はあるかと思います)。



スポンサーサイト

ASa Project 『ひとつ飛ばし恋愛』 応援バナー企画
【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!
「恋咲く都に愛の約束を ~Annaffiare~」情報公開中!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。