ものべの - 夏葉
ハッピーエンドはネバーエンド: 2009年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「桜吹雪~千年の恋をしました~」 2

かつて・・・帝からの命を受け、都から東の地へと敵の討伐に向かった若き将がいた。
将は大変優秀な男であり、都から派遣される際も、幼馴染の女武士には「先を越された」と冗談交じりに討伐の成功を疑わぬ言葉を受けていた程であった。
・・・しかし結果は散々なものになる。
派兵先で軍勢は敗れ、男自身も瀕死の傷を負ってしまったのだ。それでも唯一生き残っていた友と支えあいながら逃げ延びていたが、遂には力尽きて倒れてしまう。
そんな闇に堕ちていく意識の中で男は聞く・・・自分を呼ぶ声・・・助けようとしてくれている者の声を。

物語は始まる。都から来た男が、東の隠れ里の姉妹姫の片割れと出逢ったこの時より。
・・・千年にも及ぶ呪いと悲しみを生み出す悲恋の物語が・・・


というわけで「桜吹雪~千年の恋をしました~ネタバレ上等な感想&紹介第二弾!一応全編終わりましたのでいってみたいと思います。
まずは簡単に各ヒロインごとの感想を。


剣術少女こと麒麟時 向日葵・彼女の物語は、視野狭窄な考えに囚われがちな所がある生真面目で正義感の強い少女が周りで起きていく事や主人公に支えを糧に、「本当の正しさとはなにか?」や「真に守るべきもの」の答え見つけていく物語だと思います。
展開としては他のルートでも暗躍している「黒マント」ととの追走劇のような感じです。二十面相VS探偵みたいな。紅紗ルート以外では唯一「黒マント」の正体が判明します。

評価は63点、普通にミステリー冒険活劇のような所もあり面白かったのですが、他と比べると見劣りする感じ。前世に関する夢についても全ヒロイン中、一番判明する所も少なく(=主人公との繋がりが薄め)、どうしても軽く感じこの評価に(でも普通に面白いし、スルーまでは推奨しない)。ちなみに全登場人物中一番の隠れエロな人。修練の後などには滝で(笑)


つづいて「つらら姫」こと宮乃 紫苑・彼女の物語は亡くしてしまった者へのどうしようもない愛情と羨望、そして亡くなってしまった故に決して追い越せない者に追いつく事で、自分が本当に抱いていた気持ちを知り、己が孤独ではなかった事を思い出していくみたいな物語だと思います。
展開としては花仙祭で演劇部が行う伝統行事、かつて桜森の地で起きた悲劇を題材にした「夜叉姫恋桜」という劇のオブザーバー的役職についた紫苑が、なぜか彼女らしくもなく尋常ではない程の熱意をもって劇の成功を目指すのだが、彼女のパーソナリティー故にゴタゴタが起きたり、演劇部のライバルであるオペラ部と演劇部の鞘当の為に上演中止の危機に陥ってゆく。
そんな中、不注意から痛恨のミスを犯し、落ち込んでしまう紫苑であったが、主人公の励ましと支えを得て立ち直り最終的に劇を成功に導いていくといった感じです。

評価は67点。彼女の物語のキーワードになる「夜叉姫恋桜」は例の夢とも深く関りがあり、このルートで主人公が見ることになる夢で、夢での主人公がどういった立場の人間であったのか判明する辺り、割と重要な物語だと思います。
しかも、これは紅紗ルートで判明するのですが実は、紫苑一人だけ全ヒロイン中少し立ち位置が異なります。
キャラとしては激ツンな人で、付き合い出した後もツン維持な人ですが、情の深さは洒落にならない程深い人でもあります。


そして最後に舞黒実行委員長こと桜森 紅紗・彼女の望みはある人の千年にも及ぶ悲しみからの「解放」。
彼女の物語で遂に主人公達が見る夢の真相と桜森の謎の全てが解き明かされます。
それは遥か昔にあった悲恋がもたらした悲劇と、それを悔やんだ者の果て無き悲しみと苦しみの物語。
永久に自らを罰し続ける事・・・そうしないと自らの罪の意識に狂いそうになるのだろう。

評価は73点。この評価は同時にこの作品の総合評価でもあります。今まで断片的に現れていた夢を始めととした様々な謎が繋ぎ合わされ解き明かされると同時に紅紗の真意が明らかにされ、グランドエンディングを迎える(ちなみに紅紗の事も含め様々な謎に対し結構意外な答えが多いかもしれません)。
もう少し夢の物語での各々の想いを現在の物語に影響させていればとか、人によっては文が読みにくいかもしれない所がある等、惜しい部分もあるにはありますが、普通の学園ものに無い和的な不思議さや桜の持つ美しさと表裏一体の不気味さが好演出した良作だったと思います。
不思議な新鮮さを味わえる作品としては太鼓判を押せるので、お時間がありましたらこの物語の世界に入り込んでみてはいかがでしょうか?

それでは今回はこれで!
スポンサーサイト

「桜吹雪~千年の恋をしました~」 1

というわけで、「Silver Bullet」の最新作「桜吹雪~千年の恋をしました~」を始めてています。

ゲーム中のかなりのシーンで桜の花が舞い散るエフェクトがかかっているのが印象的な作品で、割とありそうなのに、何処か新鮮さを感じる作品。ヒロインは腹違いの姉(超絶ブラコン)「雪花」、剣術少女「向日葵」、つらら姫(性格が極悪)とあだ名される「紫苑」、そして舞台となる花宮学院の経営者一族の後継者であり、主人公が引き込まれる事になる花仙祭実行委員の長(三年だけどロリ)「紅妙(あかしゃ)」の四人で紅妙だけは他三人クリア後にルート解放となっています。
では以下ちょっとネタバレもあるかもしれないあらすじ的な紹介↓

主人公、柊一成は母と二人だけで静かに暮らしていたが、突然の事故でその母を亡くした事で腹違いの姉、天蕗雪花(あまふき せつか)に呼ばれ、彼女も通う豪華絢爛・やんごとなき身分のお嬢様達の学院「花宮学院」へと唯一の男子特待生として転校する事になる。
この一般常識からは考えられないような独特の世界を作り出している学院で主人公は、自分を溺愛する完璧超人な姉と再会したり、転校初日いきなり剣術少女に殺人予告されたり、デビルなお嬢様に脅かされたり、ロリな舞黒(主人公命名)に所謂学園祭である花仙祭の実行委に引き込まれたりして慌しくも退屈しない毎日を過ごしていく。

慌しい日々・・・そんな日々の中、常に桜の花が舞い散るこの学院で、主人公は夜毎夢を見るようになる・・・桜が舞い、炎が舞い、血が舞う不思議な夢を・・・。

鎧や着物、現代とは思えない何処かの里、そして大きな桜の木、断片的な夢の中で、おぼろげにしか見えないのに何故か胸を締め付けてられる、桜の木に寄り添う女性の夢。
里に害をもたらした自分を絶対に許さず、必ず報いを受けさせると・・・「殺す」・・・と侍のような女性に言われる夢。
そして桜吹雪の中、身近な誰かにどこか似ている女性に怨嗟の言葉を吐かれ、千年を経ても幾度輪廻を繰り返そうとも自らの犯した罪を忘れえぬようにと呪う言葉を受ける夢。


主人公は妙なリアリティーと既視感を感じる事に不気味さと不安を抱きながらも、こんな突拍子も無く、なにかのファンタジーのような夢はただの夢で、ただ夢見が悪いだけだと気にしないようにして花仙祭の準備に奔走していくのだった。

・・・だが現世とは輪廻の果て。宿業は桜吹雪の隙間からゆっくりとその姿を顕してくる・・・。


現在は腹違いの姉、天蕗雪花の物語が終わったところです。弟への愛が初期からMAXで、その溺愛っぷりは多少(でもない)の無茶をしても「愛よ、いっちゃん」とか言っては主人公にでさえ「愛スゲェ」と驚愕されるほど。
弟への溺愛っぷりを抜かせば本当に完璧超人であり、学院の生徒達からの信頼も厚く(その為、主人公は雪花のファンから睨まれている)、桜森学院生徒会四天王・花鳥風月の一人「月姫」から自分の後継者にと執心されている程。


ストーリーとしては、やはりお互い強く想いあってはいても、家柄の差や何より腹違いとはいえ実の姉弟である事が(本人達は気にしなくとも)障害になり、それでも運命と学院(実は特殊な謎がある)に立ち向かっていく事で、桜森学院に残された悲恋の物語と、それに関る二人と天蕗の家の真実が明らかになっていき、そして・・という感じです。
主人公も十分シスコンの重篤患者なので、元々結構笑える男なのに姉と絡むと更におかしな言動をとるので周りの反応も含めて中々笑えます。そしてお互いを姉弟以上の相手として自覚(元々気持ちはそうだった)
してからの大正時代辺りの恋物語を彷彿とさせる物語展開はなかなかに面白かったといえます。
シナリオ評価としては70点といった所。
夢に纏わる物語は少しだけ断片とヒントが現れただけで、あとはほったらかしで終わってしまったのが残念でした。
とはいえ恐らくラスト紅妙ルートでその辺りも語られるはずでしょうから、楽しみに進めるとしましょう。

とりあえず次は主人公に転校初日に殺害宣言した剣術少女であり、夢で自分を「殺す」と宣言した相手にどこか似ている麒麟時向日葵の物語へと入ってみます。
それでは今回はこれで!

本格的始動のお知らせ

そろそろ本格的に、ブログ更新を始めます。ただその前にもう一つだけご注意を。
私はわりとネタバレOKな人なので、作品の紹介についても結末等は流石に避けますし、あくまで興味を持ってもらえるように書くのが目的ですので、所々ぼかしはしますが、そこに至る流れで「この辺を聞くと気になるだろうな」と思うような部分はネタバレ上等で書いていくつもりです。ですので

ネタバレを避けたい方はご覧にならない事をおススメします

それでは遅くとも明日には更新しますので、宜しくおねがいします。

次の記事内容はSilver Bulletの「桜吹雪~千年の恋をしました~」になる予定です。

ASa Project 『ひとつ飛ばし恋愛』 応援バナー企画
【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!
「恋咲く都に愛の約束を ~Annaffiare~」情報公開中!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。